瓦屋さんの工事日記

屋根屋さんの工事日記


人気blogランキング←クリックお願いします 瓦屋さんのホームページへ戻る

■2010年04月25日(日)01:09  多忙に付き・・・(汗)
P4230282.jpg 400×300 28K最近、現場仕事に加え事務仕事に追われ更新が遠のいてます。

明日が休みなので見積りと請求書、さらに修理の報告書を一気に作成。
次の日が仕事だと、早く寝ないと寝不足で仕事に悪影響を与えちゃうんです(言い訳)

忙しいのは仕事がある証拠。これもお客様のおかげ。感謝です。

さて、先日修理に伺った現場での写真をアップ。

先日風が強く吹いた日があったんですが、その時に袖瓦が風で落ちてしまったとのTEL。
通常、いくら風が吹いてもそんなに簡単に瓦が飛ぶことはありません。

お見積りを作成後、復旧工事に取り掛かったところ、袖瓦の下地が腐ってました。
これでは釘が効いていないので瓦は乗ってるだけ。
平板瓦が出始めの頃の施工のようです。ある筈の捨て水切りがありませんでした。

そこでたまたま積んでいた木材で下地を作成。更に捨て水切りを取り付け、復旧しました。
(ホントはある程度予想して準備してたんですが)

これで自信を持ってお客様に説明できます。

良いと思った事は手を惜しまずやるのが北野瓦店のこだわりです。

コメント
Name   Message   

■2010年04月15日(木)23:18  正しい施工
P4150239.jpg 400×300 27K昨日から天白区で新築工事に入ってます。

現場が名古屋の市街地。敷地が狭いので瓦は現場搬入と同時に屋根に上げる、着上げ。
ですから昨日は瓦棒だけ打って帰ってきました。

時間的にはロスしましたけど、狭い敷地に瓦をドーンと置いては現場が混乱します。
現場はいろんな職人さんが協力し合ってお互いに良い仕事をしなければなりません。
(まぁ、着上げなら運転手さんが上げてくれるから楽というのも大きな理由でもありますが)

さて、今日は先日伺った現場へ行ってきました。

瓦を鉄釘で止めたので割れてしまった現場です。

今日の作業は鉄釘をステンレスに変える。
更に全くといっていい程止めてない桟瓦の固定。

軒瓦は簡単に出来たけど、問題は桟瓦の固定。
今回は1枚おきに固定するのですが、一枚一枚めくっては止めるというのは気が遠くなる作業。
どうしたら早く出来るかと考えていたら・・・あー、めんどくさい!!

全部めくってしまえ!と一気に瓦をめくれるだけめくり、糸を張ってドンドン葺いてきました。

これじゃ葺き直しじゃん。でも一番間違いの無い施工。
良いと思った事はやっておいた方が気持ちが良いですからね。
コメント
Name   Message   

■2010年04月12日(月)22:31  いい加減な施工
P4090233.jpg 400×300 33K今日は朝から雨でお休みでした。

最近忙しさに甘え、少し更新が滞ってるので先日の修理事例を・・・。

今回は塗装工事で足場が掛かってるついでに漆喰の補修工事、の筈でした。
悪くなってる箇所の漆喰と割れた瓦の交換を、という依頼で伺ったのですが、
割れた瓦を交換しようとめくったら、鉄釘で固定してある為に割れたことが判明。

あまりご存知ない方もみえますが、陶器瓦を鉄釘で固定してしまうと
鉄釘が錆びで膨張し、瓦の釘穴が耐えられなくなり最後には瓦が割れてしまうんです。
今回は軒瓦が固定してあるのみで、運良く(汗)桟瓦は全く固定してませんでした。(コレはコレで問題ですが)
鉄釘をステンレス釘に変える工事の為、日を改めて来る事になりました。

しょうがないので漆喰補修をしていたら、何故か鬼瓦がグラグラになってます。
おや?と思い少し力を入れてみたら、簡単に取れてしまうではありませんか!

しかも隅棟なので落下の危険性有りです。
鬼瓦を固定する銅線は#18が2本と常識では考えられないほど弱く、
屋根に固定している釘はどんな細い釘を使っていたのか分からないくらいボロボロに錆びてました。

お客様曰く、大手の不動産会社が建てた建物。
それにしてはズサンな施工。大手だから安心というのは間違いです。
元請けが大手でも実際に工事するのは下請の職人。

大手ほど、お客様と職人は顔も合わせる事がないので、とりあえず完成すればいい、と日数を縮めて心無い施工をしてしまうのかもしれませんね。

ズサンな施工は、いつか必ず信用をなくすと北野瓦店は思います。
コメント
Name   Message   

■2010年04月07日(水)21:33  完成
P4060221.jpg 400×300 23K最近、入学式をいろんな箇所で見かけます。
綺麗な桜の下で記念写真を撮る親子は本当に幸せそうです。

思えば去年は真ん中の子の入学式でした。
再来年は上の子が中学入学、下の子の小学校入学です。
まぁ多少勉強できなくても良いから健康でいて欲しいと願う父でした。

さて、可児市で工事していた新築屋根工事は昨日で完成です。

今回使用した瓦は新東のセラムFフラット。
名前の通りフラットな瓦です。
お客様に何点かカタログをお持ちし、その中で気に入られた瓦です。
シンプルなデザインがシャープで良いですね。飽きの来ないデザインといえるかもしれません。

今回の屋根は瓦屋が泣いて(?)喜ぶ、平屋の切り妻屋根。しかも50坪の大きな屋根でした。
何という恵まれた屋根でしょう!幸せすぎて怖いっス(汗)

美濃加茂市の山千造建さん、ありがとうございました。
コメント
Name   Message   

■2010年04月01日(木)23:35  サッシからの雨漏り
P4010226.jpg 400×300 17K最近、ホントに忙しく春休み中の子供の相手も出来ない状態が続いてました。

葺き替え工事に雨漏り修理など色々集中し、慌しい毎日です。
それもようやく落ち着き始め、今度の日曜日は久しぶりに休めそうです。
家族サービスを、と思ってるんですが子供たちは嫁さんの実家にお泊り中。

そのうち、相手にされない様になりそうでビクビクしてます(汗)

さて、今日は先日から何度もご相談を戴いている雨漏り現場へ。
サッシから漏っているのは間違いないのですが、どこから浸入しているのか分かりませんでした。
そこで今日は板金屋さんと一緒に行って壁を外してしまう強行作戦。
お客様の心労を考えると、もう後がないので。

雨漏りは想像以上にストレスになりますから。
雨が降る度に気になって眠れないとのことでしたから。

板金をめくった所、出窓の上から伝った雨水が柱を伝わり、
真下の和室の天井裏に漏ってました。

サッシはほとんど柱に取り付けてありますからね。
浸入しかたでは簡単に雨が漏るんですね。

今回の工事で雨漏りが止まれば、お客様も安心して眠る事ができると思います。
北野瓦店にとってもこれほど嬉しい事はなかなかありません。
コメント
Name   Message   

■2010年04月01日(木)20:55  瓦の葺き替え完了!
P3300215.jpg 400×300 24K先日、天白区で瓦の葺き替え工事が完成しました。

工事中、何度も雨に降られ工事がはかどりませんでしたが、
雨も漏ることなく、無事に終わることが出来ました。

葺き替え工事は屋根材を撤去するので工事中の雨漏りが心配なんです。
もちろんブルーシート等で養生するのですが、コレが難しい。
風でめくれてしまう事もありますからね。

工事中は胃が痛くなる思いが続く事もあります。(実際は痛くなったことは無いのですが・・・)

さて今回は一文字軒瓦でした。もちろんイブシ瓦。
葺き替えという事もあり、屋根地が波打った箇所もありましたが
ピリッと仕上がりました。やはりイブシ瓦は美しい!

あとは塗装屋さんが板金を塗れば更に綺麗になりますね。
コメント
Name   Message   

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月 

瓦屋さんのホームページへ戻る

DiaryCGI nicky!