瓦屋さんの工事日記

屋根屋さんの工事日記


人気blogランキング←クリックお願いします 瓦屋さんのホームページへ戻る

■2010年09月30日(木)22:55  こんな事になる前に・・・
CIMG0162.jpg 400×300 29K昨日、瓦めくりの応援に行ってきました。

瓦めくりとは瓦の葺き替え工事を行なう際、古い瓦と土を屋根から降ろす事。
屋根の瓦をめくると雨に対して無防備になるので、大人数で一気に降ろす必要があります。



今回の現場・・・ジャーン!



何という事でしょう。野地板には穴が空き、垂木も朽ち果ててます。
しかもよく見ると、母屋や棟木もボロボロ。

そして極めつけは、白い悪魔、シロアリ発見。

どうも、雨漏りを放っておいた為に、最初は天井を濡らすだけだったのが、
ドンドン進行し、木材を腐らせてしまったみたいです。

ここまで進行していると、大工工事が非常に大掛かりなものになります。

漆喰が取れたなんていうのは緊急性が低いので放っておいても差し支えありませんが(もちろんいつかは修理が必要)
雨漏りだけは早めに修理する事を強くお薦めします。

じゃないと、とんでもない工事代金を支払う事になりますよ。

コメント
Name   Message   

■2010年09月29日(水)22:26  完成です
CIMG0159.jpg 400×300 27K岐阜県八百津町の新築工事現場、今日で完成です。

運動会シーズンの最中、現場前の保育園では元気な園児たちが運動会の練習で賑やかでした。
どちらかと言うと保育士さん達の方が一生懸命だったかな?
うちも先週の日曜日に小学校の運動会が終わり、
今週土曜日は一番下の子の保育園の運動会。

来週は町内運動会と大忙しです。

さて、平板瓦というのは、通常袖瓦は桟瓦を葺いてから取り付けるものですが、
今回は一体袖瓦を使用。僕は結構好きです。

通常は袖際で切断する瓦が袖と一体型なので雨も漏りにくいと個人的に思います。

瓦には和風から洋風など、色々な形、施工法があります。

住宅を作る際は、内部の設備にこだわるのも良いですが、
屋根にもこだわって見ても如何でしょうか?
コメント
Name   Message   

■2010年09月28日(火)23:37  た、高い・・・(汗)
CIMG0132.jpg 400×300 38K現在、岐阜県の八百津町という所で新築工事に入ってます。

山に囲まれた自然豊かな街です。

瓦工事は殆ど終わり、あとは足りない瓦の取り付けとビス止め。
作業時間は1時間もあればOKでしょうか。

さて、休憩中に大工さんと話をしてたら、
「ここから山に向かって車で15分も走れば、凄い橋があるから見に行ってみな」
と言われました。

凄い橋?うーんなんだろうと思いつつ、昼の休憩時間に向かってみると
・・・ありました!


下に流れてる川から高さ200メートルの所に架けられた新旅足橋

橋の中央付近から下を覗き込んで撮ってみたけど、まるで小さな小川。
こんな橋の上からバンジージャンプなんて最高かも?(オイラはやらない)



近くにお越しの際は、一度見てください。
写真では伝わらない怖さがあります。
コメント
Name   Message   

■2010年09月24日(金)23:43  漆喰工事&瓦止め
IMG_0579.jpg 400×224 14K名古屋市北区で工事していた漆喰工事&瓦止め工事現場、完成です。

今回のお客様もネットからのお客様。

以前雨漏りした事があるので直して欲しい。
しかし、数年後に道路拡張の為、取り壊す事になるかもしれないのでお金は掛けたくないとのご依頼でした。

瓦は広範囲にずれ、部分的に隙間が空いていました。
更に漆喰が剥がれ、ほとんど残っていない状態。
壁際の熨斗も取れかかってました。

通常なら瓦の葺き替え工事をお薦めするのですが、なにせ取り壊す可能性もある屋根。
僕もとてもお薦めできません。

そこで、瓦のズレを可能な限り修正し、ズレが進行しないようにボンドで固定し、
新しい漆喰を塗り込み、更に壁際の熨斗瓦を積みなおし。

訪問販売業者なら数十万円の費用で工事すると思いますが、
根が貧乏性の北野瓦店、10万チョットでやらせていただきました。

まぁそれでも損はしない金額なので、訪問販売業者はどれだけ儲けてるんだ?
コメント
Name   Message   

■2010年09月22日(水)00:16  完成
CIMG0109.jpg 400×300 23K最近、時期が時期なのか、御見積依頼をよくいただきます。
北野瓦店のような小さな工事店を気に留めていただき、ありがとうございます。

なにせ、2人で動いている小さい工事店なので、なかなか動けない時もありますが
どんな仕事でも一生懸命お客様の為に働くようにしています。

その結果が今の忙しさに繋がっているんだ、と自分に言い聞かせ、
これからもお客様の為に頑張っていきます。

瀬戸市の新築工事、完成しました。

いやいや、大変でした。
遮熱シート&6寸勾配。

何度屋根の上で滑りそうになった事か。
しかも眩しかった。ピカピカだし。

でも屋根形状が簡単だったので助かりました。
シンプルイズベスト! 簡単な屋根の方が雨漏りしにくい。

明日から修理の現場へ行ってきます。

ずっとお待たせしているお客様です。
そろそろ怒られるんじゃないかとビクビクしてましたが、
電話の声が優しかったので安心しました(汗)
コメント
Name   Message   

■2010年09月20日(月)00:14  瓦葺き
CIMG0103.jpg 400×300 34K現在、取り掛かっている瀬戸市の新築屋根工事です。

今回の屋根はゴムアスルーフィングの上に遮熱シートが張ってあります。
とても滑りやすく、また眩しいので作業はとてもしづらいのですが、
屋根の断熱にはとても有効だそうです。

ただし、今回の屋根は6寸勾配。結構急な屋根です。
そんな屋根で滑りやすいシート。

瓦棒を打ち終わるまでは非常に怖い思いをしながらの作業でした。

現在は桟瓦も半分以上葺き終わり、あと一日で完成できると思います。

溜め込んでいた修理の仕事もここ最近でかなり工事が進みました。
北区のK様、一宮市のM様、お待たせしてしまって申し訳ありません。

ようやく先が見えてきた北野瓦店。秋の訪れと共に忙しさも一段落です。

・・・ん?この状態は焦らなくてはいけないのか?(汗)

コメント
  • kazu(2010/09/21 21:52)
    今年はいつまでも暑いですね、瓦屋根やさんは寿命を短めて仕事してるのでしょうね、私は長期お休みから今日現場復帰し、屋根に上がっています。仕事に追い回されているときは幸せです、自営は仕事が無いときにいかに幸せに過ごすか、それに尽きると思います。従業員を雇うと効率も上がりますが、そのために無理して仕事する場合もあります。私には私を頼って生計を立てる弟子を抱える勇気がありません。自分の好きな仕事をして、暇な時には旅に出るこの生き方、麻薬みたいです。(数少ない仕事はきっちりしますけど)。30代は死ぬほど働き、40台で考えて働き、50台で趣味で仕事するのが職人の王道だと思います。儲かる仕事を数件こなし、善意の仕事ができるよう名を上げたいですね。北野瓦店はまだまだ死ぬほど働いてください。
  • こうたろう@管理人(2010/09/22 00:32)
    kazuさん、お久しぶりです。時々ブログを見て、あ、また旅に出てるんだと楽しく拝見してます。死ぬほどですか!でも北野瓦店を選んでいただいたお客様の為に頑張ろうとは思っています。選ばれるのはやりがいがありますからね。
Name   Message   

■2010年09月15日(水)22:02  漆喰&雪止め
CIMG0052.jpg 400×300 20K先週から立て続けに漆喰工事を行なっております。

豊明市に始まり、名古屋市天白区、日進市、そして現在は岐阜県可児市で漆喰工事に取り掛かってます。

とはいえ、昨日から瀬戸市で新築屋根工事に入ってますので、可児市の漆喰工事は僕の大先輩の職人さんにお願いしました。

僕の師匠でもあるNさんなので心強いです。

さて、写真は日進市の現場です。

こちらの現場は泰和工務店さんの現場。

雨樋が部分的に垂れ下がっていて、板金屋さんが補修してたんですが、
これは屋根に雪止めが付いていない為に雨樋に雪が溜まり、壊れたと判断。
そこで瓦屋さんを呼んだ方が良いという事になり、ついでに漆喰も悪くなっているので直したほうが良いという話になりました。

雪止め瓦は積雪時に、屋根から雪が落下するのを防ぐ役目があります。
雨樋の破損防止の役目がありますし、カーポートやテラスの屋根に雪が落下すると割れる事がありますので、それを防ぐ役目があります。

もちろん人間の頭上に雪が落下するのも防ぎます。

雪が降る地域にお住まいの方は、冬になる前に検討されては如何でしょうか?
コメント
Name   Message   

■2010年09月12日(日)23:37  漆喰塗り込み
CIMG0048.jpg 400×300 24K現在、名古屋市天白区で漆喰工事と雪止め瓦取り付けをやってます。

築年数もかなり経っており、古い漆喰がボロボロ。
全体的に黒ずんで、所どころ取れていました。

古い漆喰は棟の表面近くに塗られてて、風雨に晒されやすかった為に痛んでしまったようです。
そこで新しい漆喰を塗りこんで綺麗にするわけですが、古い漆喰の上にそのまま塗りこむと余計に雨風に晒され、せっかく工事をしたのにホンの数年でボロボロなんてことも・・・。

そこで大事な作業、古い漆喰の撤去です。

漆喰がボロボロになっているような場合は、古い漆喰をコンコン叩くと面白いくらい砂状の土が取れてきます。

その後、シーラーを吹きつけ、新しい漆喰を塗り込みます。
撤去する手間と掃除する手間が余分に掛かってきますが
たった数時間の手間を掛けるだけで濡れにくくなり、
数年から数十年、綺麗な漆喰が長持ちするわけです。

いい加減な業者だと、見た目よければ全て良し、という工事をしていきますが
ちょっと一手間かけるだけで耐久性が大きく向上するならやった方が良い。
やるからには良い仕事を。北野瓦のこだわりを大事にしていきたいと思います。
コメント
Name   Message   

■2010年09月09日(木)22:47  漆喰工事
CIMG0037.jpg 400×300 30K豊明市の工事してた漆喰工事現場、本日完成。

寄棟の屋根なので66メートルもありました。
昼前に完了し、その後名古屋市天白区へ移動。

その現場も漆喰工事です。

続くなぁ・・・。

そして天白区の現場が終わるともう一軒漆喰工事の予定。

ホント続く時は続くものです。

漆喰工事は塗装工事のついでにやる場合が多いので
秋は、お色直しの秋なんですかね?

少し涼しくなってきたので仕事もやりやすくなってきました。

あ、ちなみに漆喰工事はあと4件お待たせしております。(汗)
順番に工事してまいりますのであと少しお待ち下さい。
コメント
Name   Message   

■2010年09月08日(水)23:52  雨漏り修理
CIMG0002.jpg 400×300 48K今日は台風の影響で朝から激しい雨。

こんな雨の日は屋根に登る事が出来ませんので当然休みです。

普段は子供の保育園へ送り迎えが出来ないので、雨の日は僕の仕事。
子供も喜んでくれるので嬉しい限り。

んで部屋の片付けをして買い物に出かけたりというのが平日休みのパターンなんですが、
雨が激しい時は、電話がよく掛かってきます。

今日は雨漏りで2件の問い合わせを頂きました。

そのうちの1件は、つい先日、瓦の差し替え工事をした一宮のお客様。
違う箇所で少し雨が漏って来たとの事。

幸い、昼過ぎには雨が止んで晴れてきたので、瓦が乾いた頃に行ってきました。

まず雨漏り箇所の確認。

そして屋根の上に登ってみると・・・、

あぁ、ありました。瓦が割れていました。
今でも撚糸工場として使っているこの建物。セメント瓦で葺いてあります。
前回、すべてチェックした筈でしたが、一枚だけ割れていました。

このセメント瓦、もう耐久性が無いに等しく、ウッカリ乗ると簡単に割れてしまうんです。
やはり陶器瓦が一番ですよ。
コメント
Name   Message   

■2010年09月04日(土)22:06  暑い〜!!
2010090417380000.jpg 400×224 15K今日はいつにも増して暑かった。

名古屋の最高気温、38度です。
昼休みが終わっても仕事に取り掛かれず、
気がついたら14時まで休んでました。

いやいや、もう一度盆休みを取ってもバチは当たらないかと。(汗)

季節が1ヶ月戻ったみたいですからね。
おかげでビールの消費が激しい。(見栄を張ったけど発泡酒です)
1ケース無くなるのが早いので「えっ、もう無いの!!」という感じ。
オイラは夏だけ家で飲むんですが、一日2本程度と可愛いもんです。

今月末に運動会が行なわれるんですが、それまでには涼しくなってくれる事を期待します。

さて、先日から取り掛かってた山千造建さんの新築注文住宅の屋根工事、本日完成です。

屋根面積50坪の大きな屋根でした。

使用した瓦は新東のセラムフラット。色はマットブラック。
フラットな瓦でシャープなデザインです。

山千造建さんは、大工さんとインテリアコーディネーターの奥様の夫婦2人で頑張っている建築会社さん。
自宅にも訪問させていただいた事もありますが、とても素晴らしい木造住宅を建ててらっしゃいます。

ブログも開設されているので宜しければご覧下さい。

http://www.hatena.ne.jp/yamasenzouken/


コメント
  • 山千造建(2010/09/06 23:18)
    山千の宣伝までしていただいて、ありがとうございました。パソコンが泣きたくなるほど苦手です。これを書くまでも一時間以上かかり・・・・。がんばります。
  • こうたろう@管理人(2010/09/07 23:21)
    慣れるのは、やる気さえあれば時間が解決してくれますよ。僕もそうでしたし。更新楽しみにしてますので頑張ってください。あと、ホームページも作ってください(笑)
Name   Message   

■2010年09月02日(木)22:51  薪ストーブ
2010090218000000.jpg 320×179 11K今日から山千造建さんの現場へ戻りました。

大屋根が本日終わり、明日から下屋根の工事に取り掛かります。

こちらのお宅は屋根面積50坪と、かなり大きめの建物。
大きなベランダに、大きく張り出した屋根。
軒が大きく出ているので夏は直射日光が建物内に入り込むのを防いでくれ、
また、冬は太陽が低くなるので日差しを取り込む事ができる、日本の建築物はよく考えられています。

しかも、壁に雨が当たりにくいので壁材も長持ち。

なんと理に適った屋根なんでしょう。
最近のハウスメーカーはこんな簡単な事を何故勧めないのか疑問にさえ思います。

メンテナンス費用をも取り込もうという、会社の利益最優先の考え方なのではと、勘ぐってしまうくらい。(汗)

さて、今回の屋根には薪ストーブ用の煙突が取り付けられています。

板金屋さんと打ち合わせをし、雨仕舞いを考えた施工です。
最近、薪ストーブを取り付けられるお客様が多いのですが、
屋根工事業者、工務店さん、板金屋さんが皆で雨の漏らない施工をするのが望まれます。
コメント
Name   Message   

■2010年09月01日(水)22:55  完成!?
2010090117210000.jpg 179×320 7K小牧市の増築現場の屋根工事、本日完成です。

といっても足らず瓦が残ってますが・・・。(袖3枚)

大きさ的には5坪ちょっとの屋根だったので1日で終わるかなぁと思ってたら、
やる事は変わらないので結局2日ほど掛かってしまいました。

その余った時間で、既設のずれた瓦を直しておきました。
どうせやるならトコトンやる。北野瓦の目標です。

さて、今日から9月。しかしこの暑さ。
どうなってるんですか?

毎日毎日35℃を越える暑さ。
全国の瓦屋さんが待ち望む秋がなかなかやってきません。

あと3ヵ月後には12月だというのに。

体力が持つのでしょうか?

明日から山千造建さんの現場に戻ります。
コメント
Name   Message   

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月 

瓦屋さんのホームページへ戻る

DiaryCGI nicky!