瓦屋さんの工事日記

屋根屋さんの工事日記


人気blogランキング←クリックお願いします 瓦屋さんのホームページへ戻る

■2010年10月28日(木)22:11  雨でお休みでした
最近、急に寒くなりましたね。
北海道では雪が降ったとか・・・。先月まで猛暑だと言ってたのに極端でないかい?

今日は朝から雨の一日。

雨だとお休みというのが瓦屋さんのイメージ。
でも、実は結構動いてます。

晴れの日は現場で仕事しますが、雨では現場で仕事できないので
打ち合わせなどで今日は3件お伺いしました。

12月に建築予定の工務店さんへカタログ持参。
来月早々に葺き替え工事を予定している工務店さんにサンプル持参。
現在工事を依頼している業者さんとの打ち合わせ。

全てまだ先の工事ですが、大切な打ち合わせ。
お客様に満足していただく工事をする為には必要です。

今日はいろいろな方にお会いし、良い刺激をいただきました。

明日は完成間近の現場に向かい、完了後は別の新築工事現場へ移動します。
台風も近づいているので慌しい一日になりそうです。

コメント
Name   Message   

■2010年10月22日(金)21:17  建前の応援です
CIMG0377.jpg 320×240 18K今日は松美建設さんの建前の応援に行ってきました。
来週、うちが屋根工事に入るO様邸です。

普段とは慣れない仕事ですのでお邪魔になるんじゃないかと思いましたが
慣れないながらも一生懸命働いてきました。

お陰で普段使わない筋肉が既に痛くなってます。(汗)

木の家はやはり良いですね。
お施主様もドンドン組まれていく自分の家を見ているのが楽しいご様子でした。

普段、写真を撮る立場のゼンコウさんをパシャ!

監督と営業と設計なんでもできるオイラと同じでガンダム好きの方です。

そんな松美建設さんがこの週末と来週末に
新築完成見学会を行ないます。

家造りに興味のある方は良かったら見てください。
予約が必要ですが、北野瓦が据えた鯱が屋根に載ってます。
コメント
Name   Message   

■2010年10月21日(木)22:59  現地調査
CIMG0366.jpg 400×300 20K今日は朝一でタツケンホームさんの依頼で屋根調査。

カラーベストの上にスレートみたいな物が葺いてあってボロボロ。瓦で葺き替えたいとの事。

ここでピーンときました。

早速行ってみると、案の定屋根の上には、かわ○Uが葺いてました。(大きなメーカーで怖いので伏字です)

何でも新築当初(30年前)は「軽いほうが良いですよ」という営業マンの勧めでカラーベストにしたそうです。

その後色褪せてきたので塗装。また色褪せてきたので計2回の塗装。(1回30万)

そして15年前に飛び込みの営業マンの勧めで、かわら○に葺き替えました。
170万もしたのでローンを組んだそうです。

7年前にも防水塗装を施しました。

そして現在。

実際に屋根に登り屋根の上を確認してお客様はビックリ。
表面は所々剥がれ、亀裂まで入ってます。

チラっと横を見ると15年前に建築した離れの屋根。
屋根は日本瓦で葺いてあり、まだまだビシっと葺き上がり建築時と変わらない。

そこでお客様の言われた「最初から瓦にしとけば良かった・・・」の
一言には非常に重みがありました。

屋根って一年中風雨に晒される部分。上から降ってくる雨を受ける場所。

そんな屋根をあまり軽く考えないでください。

瓦以外の屋根材は必ず10〜15年毎の塗装が必要です。
だって塗装で雨を弾いているんですから。

建物の大事な頭(屋根)には丈夫な物(屋根材)を載せないと将来的に大きなメンテナンス費用がかかることになりますよ。

※ちなみに今回当店の出した葺き替えにかかる御見積金額は、か○らUの半額以下でした。
コメント
Name   Message   

■2010年10月21日(木)22:47  完成
CIMG0376.jpg 400×300 24K北名古屋市の新築工事現場、本日完成です。

泰和工務店さんの現場です。
北名古屋市の泰和工務店さんとは今年初めからのお付き合い。
当時使っていた瓦屋さんに不満が溜まっていた工務店さんに
数人の大工さん、板金屋さんの推薦で北野瓦店がお世話になる事になりました。

その後も続けて仕事をいただけるようになり、今でもお付き合いは続いてます。

いろいろな方たちに恵まれ仕事をさせていただいて、ありがたい事です。

こちらの現場は畳屋さんの作業場。
敷地の関係で屋根の一角が斜めになってますが、限られた敷地を最大に生かそうとした結果。
あまりやった事がない仕事でしたのでちょっと戸惑いましたが・・・(汗)

瓦と畳。日本の建物には無くてはならない物です。
コメント
Name   Message   

■2010年10月19日(火)23:39  現地調査
CIMG0341.jpg 400×300 27K先日、愛西市のお客様からご相談を受けました。

葺き替えを考えているので一度見て欲しい。(相見積り)

日時を打ち合わせ伺ってみると確かに瓦は痛んでいます。
ズレもひどく、一番軒先の瓦が押し出され、落ちかけてました。

雨樋は数箇所下がってしまい水が溢れ、積雪の影響か、割れてしまってます。

ここまで来ると完全に葺き替えをお薦めする状態。

ご予算の問題もありますが、お客様と一緒に考え、
一番ベストな方法で工事できるように努力させていただきます。

実はこの過程が北野瓦店の楽しみの一つでもあります。

瓦はいぶし瓦か陶器瓦か?鬼瓦は再利用するか?雨樋は変えるか?雪止めは?屋根地直しはどこまで?等など・・・。

いろいろな方法がありますから、どんな事でもご相談下さい。
コメント
Name   Message   

■2010年10月18日(月)23:28  静岡ガンダム
CIMG0309.jpg 400×300 18Kえー、仕事とは全く関係ない話で申し訳ないのですが、
僕の周りにはガンダムファンが非常に多く、その方たちに報告しないわけには行きませんので・・・(汗)

先日、休みを利用して静岡まで行ってきました。

ターゲットはもちろん実物大ガンダム。

「見せてもらおうか、連邦軍のモビルスーツとやらを」的な乗りで見に行ってきました。

愛知から静岡まで3時間。
日頃のオイラの行いが良いのか、東名リフレッシュ工事終了直後のおかげか分かりませんが
大した渋滞もなく難なく到着。心配した駐車場もすんなり入れることが出来ました。

シャトルバス(これもガラガラ)で会場入り。さすが実物大。会場周辺からでも丸見えです。

ただ残念ながら動きはなく「こいつ、動くぞ」とは行きませんでしたが
細部まで精巧に作りこんであります。

いろんな箇所をズームで写真で撮ってみましたが、ただただ脱帽。
「ええい、連邦のモビルスーツは化け物か!」

そんな言葉を思い出しながら見入ってしまいました。
コメント
Name   Message   

■2010年10月13日(水)23:14  瓦のずれ止め
CIMG0278.jpg 400×300 34K昨日から2日間、北名古屋市で修理の現場に入ってました。

今回の仕事は瓦のずれが酷くなってきたので直して欲しいとの事。
なるほど、屋根に登ってみると、瓦が大きくずれ、隙間が所々空いてます。
瓦の傷みもあったので、本来は瓦を全て葺き替える事をお薦めするのですが、
定年後夫婦二人でお住みになっており、子供が戻ってくるかどうかも分からない状態なので予算はかけたくないとの事。

しかし瓦のずれはドンドン進行していくので、何もしないわけにはいきません。

そこで瓦のズレを可能な限り戻し、コーキングで止める方法をとりました。
そして棟下の漆喰も取れてなくなっていたので漆喰補修も行ないました。

これでコーキングが持ちこたえる10年くらいは瓦のずれも止める事ができます。

お客様の事情に合わせた工事方法を考えるのも重要だと考えておりますので、
お気軽にご相談いただければと思います。
コメント
Name   Message   

■2010年10月10日(日)01:25  シングル→カラーベストへの葺き替え
CIMG0183.jpg 400×300 34K先日、中川区で屋根の葺き替え工事を行ないました。

今回の屋根はシングル葺きの屋根でした。
シングルというのはアスファルトシングルという屋根材の事で
軽さ、扱いやすさが特徴の屋根材です。

しかし、築十数年で表面はボロボロになり、内部の繊維が露出してしまい、
一番厄介だったのが、全体的にずれ、雨樋を超えてしまっている点。

最初に屋根に登った時、目を疑ってしまいました。

そこで、今回はシングル材を撤去後、カラーベストで葺き替えることにしました。
本当は瓦をお薦めしたいところですが、緩勾配屋根(2.5寸)なので瓦は無理。
シングルで葺き替えるなんて、もってのほか。

そこでカラーベストをチョイスです。

ちなみに瓦めくりに一日、瓦工事に一日、屋根工事に掛かった日数合計2日間。

短期間で工事することが出来ました。
コメント
Name   Message   

■2010年10月03日(日)00:18  葺き替えお見積り
CIMG0153.jpg 400×300 20K今日は保育園の運動会でした。

しかし先日の瓦めくりの時に吸ったホコリの影響か、
昨日から微熱続きのオイラ。でも気合で行って来ました。

子供の運動会は良いですね。
一緒に競技に出る時に喜んでくれるし。

微熱で頭が痛いのを忘れ、楽しんできました。

さて、写真は現在、屋根葺き替えのお見積りをご依頼いただいている現場。

雨が漏っているから見てくれる?と言われ屋根に登ってみると
瓦が凍害によって割れてしまっていました。

昔の給水率の高い瓦は寒い時期に凍結と融解を繰り返す事によって
割れてしまうことがあります。

現在では高温(1200℃)で焼く為、給水率が非常に低く、凍害が起こりにくくなってます。

今回のお客様も瓦が古くなってきている事をお気になされていたので
古い瓦を全て撤去して全部新しい瓦で葺きかえる葺き替え工事と、
悪い箇所だけ直す、部分修理にするか、時間を掛けてお客様と一緒に考えて行こうと思います。
コメント
Name   Message   

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月 

瓦屋さんのホームページへ戻る

DiaryCGI nicky!