瓦屋さんの工事日記

屋根屋さんの工事日記


人気blogランキング←クリックお願いします 瓦屋さんのホームページへ戻る

■2013年10月29日(火)22:02  雨漏り調査
grp1029221545.jpg 400×300 52K最近、雨漏り調査が増えてきてます。

台風の影響もあるでしょうが、一番は秋の長雨。
1年の中で降水量の最も多いのが意外にも秋。
一旦降り出したら長く振り続けるのが秋の雨の特徴です。

さて、昨日も原因不明の雨漏りで困った得意先のお客様から電話をいただきました。

数年前から雨漏りがしてるんだけど、瓦に水をかけて調べたら棟の下の漆喰付近から漏ってきた、との事。

この場合は大体原因が想像できます。

「屋根は寄棟ですか?」

「・・・なんで分かるの?」

寄棟は正直、雨に弱いのですが、和瓦の場合は棟下の半端の瓦の入れ方で簡単に雨が漏ってしまいます。

早速、現場に駆けつけてみると、今まで何度も繰り返されてきた工事で、漆喰は厚く塗り込まれ、不必要なコーキングで雨の抜け道が閉ざされていました。

雨漏りの原因は棟の下なので、上から漆喰やコーキングで雨漏りを止めようとしても無理です。

とりあえず、一旦解体し棟を積みなおすことをお勧めしました。

それが一番確実で手っ取り早い。
悪質な業者だったらもう一度漆喰を塗り込みコーキングで塗りたくるでしょうが・・・(汗)

屋根の事は専門の業者に任せましょう。

コメント
Name   Message   

■2013年10月22日(火)20:33  葺き替え工事完了
grp1022213140.jpg 400×300 58K現在接近中の台風27号、28号。
天気予報では28号が27号の進路を塞いで27号が長時間居座る可能性もあるとか言ってます。

こんな天気では外仕事の僕たちは予定も組めず困ったもんだ。

先週から工事をしていた一宮市の葺き替え工事現場、本日完成です。





お客さんにもきれいになったと喜んでいただけ、うれしい限り。

でも、本当に喜んでいるのは台風接近前に工事を終わらせることが出来た僕かもしれない。

瓦葺き替え工事中の台風には今までも散々泣かされてきましたから。
雨養生のブルーシートを飛ばないようにしなくてはいけないし、もちろん雨漏りもさせてはいけない。

今回の葺き替え工事では、最初から最後からスムーズに進めることができました。

あとは太陽光パネルの取り付け業者さんにバトンタッチですが、全部釘で留めてあるから大変かもしれないな〜  (^-^;

K様、前回に引き続き、今回も北野瓦店にご用命いただきありがとうございました。
コメント
Name   Message   

■2013年10月21日(月)23:04  葺き替え工事
2013-10-188.jpg 400×300 62K台風26号の被害の爪痕が残る中、次の台風27号が接近中との事。

今年の気象は、やはり異常です。

台風に対しての備えは万全にしたいものです。
時々ニュースで、台風の中、屋根修理で屋根に登って転落というニュースを目にしますが、
我々プロでも濡れてる瓦には乗りません。
思いのほか滑りますので絶対に屋根に登るのは避けてくださいね。

さて、お寺の工事は一旦抜けさせていただき、一宮市で葺き替え工事が始まりました。
以前からお付き合いさせていただいている個人のお客様。

昔の工場の屋根で、セメント瓦で葺かれている屋根です。
以前は別の棟の屋根を葺き替えさせていただきましたが、太陽光パネル設置に伴い、古い瓦の上では心配ということで今回の工事をご依頼いただきました。

いざ、工事を始めてみると思った以上にセメント瓦の老朽化が激しく、
歩くだけでパキパキ割れてしまいます。

これでは太陽光パネルの工事なんてとても出来ません。
業者はコーキングで治すから大丈夫ですと、言ってたらしいけど・・・(汗)

翌日には雨の予報が出てたので、頑張って進めましたが、
同じ建物での工事ということもあり、思いのほか順調に進み、
瓦めくりはもちろん、化粧板張り、補強のための針葉樹合板張り、ルーフィング張りまで済ませることができました。

部分的に屋根が沈んでいたところも屋根裏から補強し、ある程度治せたので太陽光パネルも安心して付けることができます。

先週金曜日からスタートで明日には完成予定。
台風前には工事完了できそうで安心です。
コメント
Name   Message   

■2013年10月21日(月)22:39  黙々と・・・
お寺の屋根工事、桟瓦を黙々と葺いています。

この瓦、岐阜産の56判。現在主流の53判より一回り小さいです。

ちなみに56判や53判の数字が意味するのは、1坪当たり何枚使うか。
56判なら1坪56枚。53判は53枚。たった3枚の差ですが、結構大きな差です。

小さいと何が良いのか?
重厚感があります。比べてみると一目瞭然なんですけど、写真では比べれないので残念。

さて、桟瓦を葺き終えると刀根丸。そして袖丸。
そしていよいよ鬼瓦の据え付けになります。
鬼瓦が据えられると屋根工事も後半戦に突入です。





先日、ある建設会社さんのご依頼で神社の新築工事の御見積りの機会がありました。

まず建物を見せていただき、お見積もりをする訳ですが、
使う瓦によって金額にもバラつきがあります。
ただし、元請けさんとも話をしたところ、安くとは言われているけど恥ずかしい仕事はしなくないという意見は一致。

鬼瓦を何にしようか、使う軒瓦は京花か、瓦は56判でいこうか・・・。

ワクワクしながら見積書を出してみたけど・・・、どうなるかな?
2013-10-091.jpg 400×300 67K
コメント
Name   Message   

■2013年10月14日(月)23:01  お寺の屋根工事が始まってます。
grp1014230145.jpg 400×300 66Kつい最近、あたらしくノートPCを手に入れました。
13.1インチ。いわゆるウルトラブック。
ほとんど持ち歩く予定はないけど、お客様との打ち合わせで、実際に写真で見てもらったらお客様の要望も深く取り入れることが出来ると思い、思い切って買ってしまいました。

ただ、Windows8の使い方がイマイチ分からない。(汗)
笑い話になりそうですが、シャットダウンの仕方も最初分かりませんでした。
このぶんでは、しばらくは持ち歩けそうにありませんね。

さて、先月半ばからお寺の屋根工事が始まってます。

もちろん僕の親方の現場ですが、今回はフル参戦の予定です。

ただし自分の仕事もあるため、すべて行くことは難しいけど、
うちの従業員達も頼もしくなってきたことや、やはり任せてみるというのが一番彼らの為になるんじゃないかと。

任されてこそ、自分達で考えるし、責任感も芽生え一生懸命に頑張ってくれるんじゃないかという親心?

任された事をチャンスだと感じてくれればいいなぁと、親方としては勝手に思ってます。

もちろん要所要所でサポートしますけどね。任せっぱなしにはしないつもりです。

さて、お寺の工事ですが、現在は妻部と掛瓦と取り付けが済んでます。
今は黙々と桟瓦を葺いている状態。
桟瓦が終われば、刀根丸、袖丸に続き、鬼瓦の据え付け。
来月中頃までは掛かるということです。


コメント
Name   Message   

■2013年10月09日(水)22:03  雨漏り修理
昨日は岐阜県瑞浪市まで雨漏り修理。

雨漏りの理由は、ズレズレの瓦が原因。




写真では分かりにくいかもしれませんが、肉眼では明らかに分かります。
この、だらしのない桟瓦の通りが。(汗)







まったく縦横の線が揃ってなく、瓦が大きくずれた所から隙間が見えてます。

しかし、瓦自体は比較的きれいなのになんでこんなにずれてるのかなと思い、めくってみたら・・・。




土は、ほんの少し置いてあるだけ、軒先の瓦は一回り細い銅線で縛ってあるだけ。
瓦は粗悪品を安く買って使ったような、ねじれがひどい物を使ってありました。

普通の瓦は30年は耐久性のある非常に優れた屋根材。
50年だって十分もつと思います。

ただし、残念ながら施工が悪ければ今回のように20年で雨漏りなんてこともあります。
普通の職人であれば、自分が施工した屋根はずっと長持ちしてほしいと思って工事するもんですけどね・・・。
コメント
Name   Message   

■2013年10月07日(月)22:09  太陽光工事
grp1007223446.jpg 400×300 21K最近めっきりブログ更新から遠のいているダメ人間です。(汗)

怒涛の忙しさから抜け、子供たちの運動会にも無事参加し、ホッとしております。

一時はヤバいんじゃないかと思ってましたが、いいお客様と文句を言わない従業員に恵まれ、代休の平日まで休んで家族サービスまでしてしまいました。



家族が喜んでいたかどうかは謎ですが・・・(汗)



さて、以前屋根の葺き替え工事をさせていただいたお客様からご相談を受け、おじゃましてきました。

太陽光パネルを付けようかと思って、もう契約寸前なんだけど、うちの屋根に付けて大丈夫なのかな?
というご相談。

こちらのお客様、ご自宅の敷地内に工場がありまして、そちらの屋根は昔ながらのセメント瓦。
しかもかなりの年代物で老朽化が激しい物。更に現在入手困難な品物。
前回の葺き替え工事は半分を陶器瓦に葺き替えたんですが、今回、太陽光を乗せようと思ってる屋根は工事していない屋根。

業者の説明では、メーカー保障はないけど、割れたものは自社でコーキングして直しますという説明。

これは絶対にお勧めできない工事です。

太陽光設置工事は、屋根の上をパネルを持って運ぶ時に瓦を割ってしまう事がよくあります。
今回のご相談のケースでは、割れた瓦の代替品も無いし、ましてや老朽化の激しい瓦。
パネルを設置した後に雨漏りが発生する確率も非常に高く、また、修理もパネルが設置した後では非常に困難。
せっかく設置したパネルを取り外して修理しなければなりません。

とりあえず今回のお客様には、一旦契約は止めて、瓦の葺き替え工事をしてからにしてはどうですか?と提案しておきました。

太陽光設置工事はトラブルも多い工事です。
屋根の事は専門の屋根工事業者に相談しましょう。

写真は最近当店で設置した太陽光パネル。
新築工事なので瓦も当店施工。
なんでもお気軽に御相談ください。

コメント
Name   Message   

過去ログ 2003年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 11月 

瓦屋さんのホームページへ戻る

DiaryCGI nicky!